Leinenwetter** -りねん日和-

コーギー リネンとカニンヘンダックス ジュートのあんなコトやこんなコト。

ドイツ個人旅行情報。その2  


※これは今後ドイツへ行かれる方への
 情報として残すものなので記事ではありません。


全て 2009年5月時点での情報です。

海外のホテル予約の情報元 「Booking.com


旅のルートは

フランクフルト→ミュンヘン→ザルツブルグ(オーストリア)→フュッセンでした。


ザルツブルグにて宿泊したホテル

「Hotel Garni Evido」

IMG_2239.jpg


IMG_2240.jpg


IMG_2241.jpg


このホテルは建物の2階から上がホテルとなっているので

入り口がとても分かりにくかったです。

建物に入ると目の前に階段があり、

それを上るとホテルの入り口が。


IMG_2242.jpg


このホテルはカードキーだったり、

朝食の飲み物系は自動だったりと

私達が泊まったホテルの中では一番ハイテク(?)でした。



フュッセンにて宿泊したホテル

Hotel zum Hechten」 (ホテル ツム ヘヒテン)

IMG_2429.jpg


IMG_2430.jpg


IMG_2432.jpg


IMG_2433.jpg


私達が泊まった部屋だけかもしれませんが

とにかく鍵の開け閉めが大変でした。(^^;


フュッセンではお天気さえ良ければ

貸し自転車の利用をお勧めします。

駅のすぐ横に貸し自転車屋さんがあり、24時間利用で8ユーロ。

自転車だとノイシュヴァンシュタイン城のチケットセンター手前まで

20~30分もあれば行けたと思います。

時間さえあればそのまま足を伸ばして聖コロマン教会へも。


ヴィース教会行きのバスは

10時、12時、13時だいに格1本運行していました。

料金は往復で6.8ユーロ。

とても美しい教会だったので是非見て来て下さいね。


今回ホテルの料金は書いておりません。

ネットで色々調べると同じホテルなのに

扱うお店(?)によっては全然違う金額だったりしたこともあったとか。

(私は友達に任せっぱなしだったので分からないのですが・笑)

観光局などでも予約出来たりするらしいので

ホテルは何を重視するかで決めて下さいね。



この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しいです

あなたのドイツ旅行が素晴らしい旅になりますように




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




※拍手・コメント不要です♪

category: ドイツ

thread: ドイツ - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

ドイツ個人旅行情報。その1  


※これは今後ドイツへ行かれる方への
 情報として残すものなので記事ではありません。


全て 2009年5月時点での情報です。

海外のホテル予約の情報元 「Booking.com


旅のルートは

フランクフルト→ミュンヘン→ザルツブルグ(オーストリア)→フュッセンでした。


フランクフルトにて宿泊したホテル

「シティ ホテル ウエスト」

IMG_2148.jpg



IMG_2149.jpg


駅から近い上、料金の割りに設備もまずまず。

ドライヤーも付いてました。

・・・が。

このホテルの難点はその立地。

なんと風俗街のど真ん中です。(^^;

私達は夕方に到着しての1泊だけでしたが

それでも私のドイツの第一印象はとても悪いものになりました。(笑)


ドイツでの移動は主に列車だったので

日本にて「ジャーマンレイルパス」を購入して行きました。

友達が色々とネットで探してくれ

4日間の2等席を19000円弱で購入。

そして使用開始日に駅の窓口で日付を入れてもらいます。

その際、窓口が混むことがあるようなので発車時間に間に合うよう

余裕を持って受付を済ませて下さいね。


ミュンヘンにて宿泊したホテル

「ホテル ゲルマニア」

IMG_2232.jpg



IMG_2180.jpg



IMG_2183.jpg


このホテルも駅近でした。

チェックインの際、一人だけパスポートのコピーを取られました。

近くにはスーパーもあり、バラまき用のお土産なんかも買えたりします。

このホテルの評価を読むと「古い」「汚い」と書かれてましたが

私達の泊まった場所はどうも改装されていたのか

とてもキレイでしたよ。


(その2に続く)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




※拍手、コメント不要です♪

category: ドイツ

thread: ドイツ - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

みやげ話。  


2009_06060071.jpg



ドイツでまず買ったモノ、

それは現地の新聞です。

もちろん(?)読むためにではなく

雑貨としての敷き物にしたり、包装紙がない時にこんなので包むと

結構「いい感じ」になったりします。

でもこれを売店で買った際は そこのおばさまに

「ホンマにアンタ、読めるんか?」みたいな顔をされましたよ。(笑)


その後、切手も記念に買いました。



-- 続きを読む --

category: ドイツ

thread: わんことの生活 - janre: ペット

tag: コーギー 
tb: --   cm: --

ドイツのイヌ事情。  


IMG_2190.jpg



私がワンコと暮らしているせいもあってか

ドイツでは本当にたくさんのワンちゃんに目が行きました。



IMG_2223.jpg



で、そのワンコのほとんどがノーリード。

でもワンコはちゃ~んと飼い主さんの存在を確認しながら歩いてましたよ。

さらにはきっと、食べると危険なモノなんて落ちてないから

皆さん安心してノーリードに出来るのでしょうねぇ。。



IMG_2293.jpg



ところでドイツはワンコに優しい国なのでしょうか。

どうやらワンコ可の商業施設もあるらしく、

ミュンヘンのデパートの中にてワンコ連れの方を見た時は

思わず二度見してしまいました。(^^;



IMG_2373.jpg



そしてもちろんワンコも電車に乗れます。

で、日本だとワンコをキャリーバックなどに入れないといけませんが

ドイツでは飼い主さんの足元でフツーに座ってましたよ。(いいなぁ~)



IMG_2398.jpg



ザルツブルグにてトロリーバスを待つ「ふたり」。

この後、仲良くバスに乗って行ってしまいました♪



IMG_2405.jpg



ザルツブルグにあったこの建物は

タバコやローラースケートなどは禁止ですが、ワンコは可。(いいなぁ~)



IMG_2363.jpg



でもこんなに色んな面でワンコに「ゆるい」のも分かる気がします。。

それは何故ってこの旅行中、道に馬フンはたくさん見ましたが(笑)

一度としてワンコ同士のケンカ、さらにはウ〇チも見かけませんでした。



IMG_2526.jpg



その辺りの飼い主さんのモラルやしつけがしっかりしているから

ワンコも一緒に色んな場所へ行けるのでしょうねぇ。



IMG_2683.jpg



フュッセンの公園にはワンコのウンチ捨て用ポストが。


ドイツの飼い主さんのこの「意識」は私も見習わなければ。

そして今後は是非日本でも広がっていって欲しいなぁ。。



IMG_2570.jpg



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

↑クリックして頂けると嬉しいです♪

残念ながら、今回の旅行でコーギーの姿は見れませんでした。。(寂)
あと、服を着たワンコも見なかったなぁ。。




category: ドイツ

thread: わんことの生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

そのころウチでは。  


私の旅行中、

夫がリネンとのふたり暮らしの日々を

コンデジで撮ってくれていました。


さてその様子はどうだったのかと言うと。。



2009_05310028.jpg




2009_05310052.jpg




2009_05310073.jpg





2009_05310051.jpg






2009_05310089.jpg






2009_05310079.jpg





・・なるほど。

こうやって夫と楽しい日々を過ごしていて

私のコトをすっかり忘れてしまったのね。(悲)




にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

↑やっとこさ旅行記を書き終え、
 燃え尽きてしまった私にクリックおひとつお願いします。。




category: ドイツ

thread: わんことの生活 - janre: ペット

tag: コーギー 
tb: --   cm: --