Leinenwetter** -りねん日和-

コーギーリネンとミニダクジュートのあんなコトやこんなコト。

逆プレゼント。  


DPP_2128.jpg



リネンの誕生日翌日。

少し残しておいたケーキを
またあげようとしたところ
2ワン揃ってベットにちょこん。



DPP_2129.jpg




・・・か、か・わ・ええ~~~~☆(激萌)















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

感謝の日。  


DPP_2121.jpg



2月25日はリネンの誕生日。

9歳になりました。

そして今年の誕生日ほど
一緒に迎えられることを感謝した日はありません。



DPP_2122.jpg



お誕生日当日はケーキでお祝いしましたよ。



DPP_2123.jpg
< ばくー! >



キミ、ホントに病気だったの?ってくらい、
スプーンごと食べちゃうのでは?ってくらい
ケーキにかぶりつくリネン。



DPP_2124.jpg
< ぺろぺろぺろ。 >



ジュートにもおすそわけ。

ジュートはケーキを食べ慣れてないので
おしとやかに食べます。



DPP_2125.jpg
< あむー! >



そう焦らなくてもあげますってば。



DPP_2126.jpg
< 美味しいですねぇ。 >



キミはゆっくり味わいますねぇ。



DPP_2127.jpg
< むふー! >





とってもしあわせな誕生日でございました。















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

祈り、届く。  


DPP_2110.jpg


今日はもしかしたら病理検査の結果が分かるかもしれないな。
じゃ、お賽銭は「いい日」の111円入れて、と。

ちゃりーん。

ガラン ガラン ガラン。

○○に住んでる○○あっこです。(・・・以下省略。)


土曜日、リネンの抜糸のため病院へ行きました。
(傷が大きく付きにくい場所なので抜糸は半分だけ。)

その際、腫瘍の病理検査の結果が出てました。


その結果は


腫瘍の悪性度(グレード)は先生の予想より良いグレード1。
腫瘍も全て取り切れていたとのコトです。(良かったーーー!・涙)

今回見つかったガンについては安心していいレベル、
今後はまた早期発見出来るよう
普段から体のチェックをしてあげて下さいね、とのコト。


ありがとうございます


これはきっときっと、リネンのことを想い
祈って頂くれた方々のお陰です

本当に感謝してもしきれないです

祈りによって救われたリネンの、この命
大事に大事にして行きますね


本当に 本当に ありがとうございました!!















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

名前が原因?  


DPP_2107.jpg



最近気が付いたのですが
私の姉妹は一家にひとり名前に「と」が付く男のコがいまして。
(例・ユウト、ケントなど)

うちはもちろんジュート。

で、その全員がやんちゃで扱いが大変なムスコと言う。

ワンコの名前に画数とか、気にしてなかったけど
(いや、姉妹達は気にしてあの結果なのか。)
やっぱり名前も大事なのかも?

今さら改名はムリかしら。

嵐好きな私。

いっそ「アイバ」くんなんてどうかしら。(なぜ苗字。)


最近ますますワンコや人へのぎゃん吠えがひどくなり
「アイバ」くんは近々しつけ教室へ通う予定。(だからなぜ苗字。)















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

異変。  


DPP_2109.jpg



夫は仕事が忙しく、いつもより早い出勤でバタバタバタ。

私はリネンの病院、ジュートのシャンプー、小さな用事でバタバタバタ。

リネンのことは気にしつつも時間はパツパツ、
自分でもちょっと息苦しさを感じるくらい
忙しい日が続いた3日目の夕方、
リネンが吐いて小さく震えだしました。

病院から帰って来て
思ってたよりフツーだったリネン。

油断してました。

大嫌いな病院で手術を受け、さらに1泊。
大丈夫だったワケがありません。(涙)

ごめんねリネン。
もう大丈夫、大丈夫だからね。















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

おかえり。  


DPP_2100.jpg



リネン、おうちに帰って来ました。

診察室に入ると
手術の傷はガーゼと包帯に覆われてて。。

持って行った服を着て帰宅。


数日後、傷の状態を見せに
また病院へ行きます。

恐らく私はそこで初めて手術の痕を見ます。

がんばってくれたリネンに感謝しつつも
やっぱりショックで、泣いてしまうんだろうな。。


・・あ、リネンは思ってたよりフツーに元気です。

ホッとしてます。

















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

意外な一面。  


DPP_2098.jpg



リネンの1泊入院で
ひとりっコのジュート。

朝は遊んで遊んで遊んで・・・

さぁ、じゃあ寝てちょうだいねとサークルへ入れた後
洗濯物を干しに2階へ。

するとどこからか


「きゅーん きゅーん・・・」


ジュートでした。



DPP_2099.jpg
< ひとりはさみしいの~。 >



そこからは私の姿が見えなくなると

「きゅーん・・・」


そういやジュートが来てから
リネンがいないなんてコトなかったもんなぁ。。


よし じゃあ、行くよジュート、病院へ。


リネンを迎えに?

いえいえ、ジュートの胸とお腹の間あたりに
黒いカサブタっぽいモノを発見したので診てもらいに。


・・結果、今度は「膿皮症」でした。


どうもジュートは皮膚が弱いようで。。(どんだけ・涙)


調べてみると免疫力が落ちるとなりやすいらしく
今後はリネンと共に免疫力アップに励まねば。。















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

白い手術日。  


DPP_2093.jpg



雪の日ってロマンチックですよね。

ホワイトクリスマス。(きゃ!)

ホワイトバレンタイン。(わお!)

ホワイトホワイトデー。(ビミョー!)


だけどこの日ほど雪を恨んだことはありません。

奈良は冬に雪が降るのは数えるほど。
ましてや積もるなんて数年に1度あるかないか。

なのに何故なの。
リネンの大事な手術がある日に
20cmも積もるってどうことなの。



DPP_2094.jpg



とりあえず外へ出て濡れながら車に積もった雪をおろし
道へ出る雪もかきわけて。

「出る前に電話ちょうだい。」

そう夫には言われていたけど
まずは病院へ連れて行かなくちゃと出発。

雪ゆえにノロノロ運転、
さらにがたがた揺れる車の後部座席で
怖くてブルブル震えるリネンに
「大丈夫だからね。」と声をかけ
いつもの倍の時間をかけて病院へ。

「ではお預かりしますね。」

帰ろうとする私に
「待って!置いてかないで!」と
すがるような悲しい目をしたリネンに
涙見せまいと振り切って帰って来ると
夫から電話があり「今帰って来た」と言ったら

「電話1本くらい・・・」と むっとされ。



・・・・・。


なんて日だ!

なんて日なんだ!! (バイキング?のあの人風で)

それもこれも雪のせいだ!

なんでこの日に限ってこんなに積もってんだ!!(泣)



DPP_2095.jpg



リネンの手術は無事終わりました。(↑は別日のモノ)

それはきっと、たくさんの方が
リネンの無事をお祈りしてくれたおかげです。

本当にどうもありがとうございました。


とりあえず病院に1泊。

帰って来たら来たで
色々大変なコトが多いですが
まずはゆっくりさせてあげたいな。



DPP_2096.jpg



と言うコトで
ジュートは土曜の夕方までひとりっコを満喫します。















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

神さまにお願い。  


DPP_2088.jpg



朝のさんぽ。

夫は近所にある神社の参道前の鳥居から
みんなの健康をお願いしてくれてたそうなのですが
リネンとジュートはこんなコトになってしまいました。

どうやらここの神さまはお耳が遠いみたいです。

ではちゃんと前まで行ってお願いせねば、と言うコトで
最近毎日お賽銭片手にジュートを連れて神社へお参りしております。

ホントはリネンを連れて行きたいところですが
リネンは決まった散歩コースがいくつかあり
それ以外の道を歩きたがりません。

体調のコトもあるし。。
ムリはさせたくないです。



DPP_2089.jpg



ガラン ガラン ガラン。


○○に住んでる○○あっことジュートです。

大切な家族のリネンがガンになり・・・うっ・・
14日に手術を受けます・・ぐずっ・・・
どうか無事終わりますように・・・ずずっ・・
腫瘍が全て取りきれますように・・・うっ・・
再発しませんように・・・ううっ・・・

(↑毎回泣いてる。ダメ飼い主。)

でも大丈夫です。
普段はほぼ泣かなくなりました。
あ、1日2回くらいこっそり泣いてますが。

(だって人間だもの。 by ○田みつを)



DPP_2090.jpg



ジュートは神社の雰囲気に慣れず

「早く帰ろう~」

毎回このザマです。


この日はお賽銭をちょっと奮発。

なのでちょっと多めのお願いごとを。


あのコギちゃんのヘルニアが完治しますように。。
あのコギちゃんもアレルギーが回復しますように。。
あのワンちゃんも。。
あのニャンコも。。(って欲張りすぎ。)



よし、じゃあ帰ろっか。



・・・て、あ!ジュートのお願いするの忘れた!

(幸いジュートの皮膚炎は回復へと向かっております。。)















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

キミがいてくれて、よかった。  


DPP_2086.jpg



心がモヤモヤザワザワする毎日。

リネンは特に変化があるワケでもなく
これまで通り、元気があるような、ないような。

そんな中、ジュートは
「そんなの関係ねぇ!」と言わんばかり
相変わらずやんちゃっぷりを発揮、
まだまだコドモっぽさ満開でして。

だけどこんな時だからこそ
マイペースなジュートがいて良かったなと。

この日はベットからちょっと見える
おマヌケな寝顔に和みます。



DPP_2087.jpg



・・が、なぜかピントは合わせてもらえないジュートなのでした~。






DPP_2055_2014020613522030b.jpg
(ナニこの生き物。)




来週、14日の金曜日に腫瘍摘出手術の予約を入れました。

ただそれまで時間があり過ぎて絶賛もやもや中。。

「本当にこの選択で良かったのか・・・」

でもこれはきっと、どの病院で手術をしてもこう思うだろうと。。


いい方向に考えるようにはしていますが
時々「怖い・・・」無意識に言葉が出ます。



『ママの笑顔が一番の薬だよ。』

こうアドバイスしてもらうコトが多く、
そしてこの言葉を見る度、グッと来て涙が溢れます。(アカンがな。)

まずは無事に手術が終わることを祈りつつ
リネンが帰って来てからは
怪獣ジュートがいての、リネンの安静をどう確保するか。。
色々考えなければ、です。


これまでブログ、やめちゃおうかと思ったことは数知れず。
でも今回、会ったこともない私に対し
本当にたくさんの方から励ましや色んなアドバイスを頂き
続けていて良かったと心底思ってます。

わざわざ連絡を下さった方。。
そしてそっと見守って下さってる方。。
その「思い」を胸にがんばります!(←やっと“!”つけれるくらいになりました。。)















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

試練は続く・・・  


DPP_2084.jpg



ジュートの皮膚病を治すべくシャンプーしたり
病気平癒の神社へ夫婦でお参りにいったり
そしてガンについてセカンドオピニオンを受けたりと
忙しくしておりました。

何度もしつこいようですが
病気発覚前で既に

「もうこれ以上がんばれない。」

な精神状態だったのに
そこへリネンの「ガン宣告」を突如受け、
情緒の不安定っぷりがハンパないです。

突然涙が出て止まらなかったり
でもリネン達の前では笑顔でいると決めたので
涙をボッロボロ流しながらも
リネンと目が合ったらニッコリ

「大丈夫だからね。」

自分とリネンに言い聞かせてます。



DPP_2081.jpg



近所に腫瘍に詳しい病院を見つけ
リネンを連れて、夫と共にセカンドオピニオンして来ました。

そしてかかりつけの先生、次の先生、
両方に言われたのが

「よく見つけましたね。」

リネンの腫瘍はまだ5ミリほどと小さく
初期のモノらしいです。

かかりつけの先生に至っては
ワンドックの問診票に「この辺りにあります。」と申告したのに
それでもなかなか見つけられなかった、とのコト。



DPP_2082.jpg



そして肝心の治療法について。

2番目の先生は腫瘍科認定医の資格こそ持っていませんが
大学病院や高度医療センターとも提携しているようで
たくさんの症例を経験されてました。

「何を一番に考えるか。」

犬の体への負担だったり飼い主の心の負担、
そして経済的な負担。

色々な方法を教えて頂きました。


・・・が、どの方法を試してもダメな場合は
最終的に手術で切り取るしかなさそうです。

ただその際の「腫瘍周り3㎝」は特にこれと言った根拠はなく
『アメリカの権威ある先生が3㎝切ったらいい結果が出た』
でマニュアル化したらしく。。(よくある話やなぁ。)



DPP_2083.jpg



「まだ何とでもなりますよ!」

リネンはまだまだ初期段階なので
選択の余地がたくさんあるみたいです。

が、あれこれ試しての結果、
やっぱり手術するしかなかった、と言うのもなぁ。。

ただこの先生がすごく明るい方で
軽い感じで話して下さったこともあり
「あれ?あんまり深刻にならなくてもダイジョブ?」

その時はちょっとだけ悲壮感が和らぎました。


日曜はかかりつけの先生にもう1度話しを聞くため
夫と一緒に病院へ。

ここでの治療法はほぼ「切り取る」の話しかありませんでした。
そして夫がどちらにしても切り取るのなら
かかりつけの先生でもいいのではないか、と。。

「手術したい日の1週間前には電話でもいいので連絡下さい」

そう言われ、
この病気は先延ばししても何ひとついいことないので
意を決して震える手で電話すると

「先生は来週、木曜日までお休みなんです・・・」



DPP_2085.jpg



・・・・・。


マジか・・・

日曜になんで言ってくれなかったんだろう・・・


正直なところ、
特にかかりつけの先生に是非!と言う気持ちでもないため
この「待ち時間」は私的に結構キツイ。。

でも2番目の先生の「まだまだ大丈夫!」の言葉を信じて耐えるしかない。。

ちなみに今回は
自分の、今の判断力に全く自信が持てないため
リネンの手術に関しての決定権は夫に託してます。



DPP_2068.jpg



そしてもうひとワンコ、
ガンと言えば工場のフクちゃん。

今年に入り、またいつの間にか元気がなくなっていたので
1月の中頃、慌てて病院へ連れて行きました。

血液とエコー検査の結果、
特にどこが悪くなってると言う様子はなく、
口の中のガンも骨は溶けてるけど
大きく悪化はしてないそうで。

今回は「加齢」の可能性が高いっぽいです。

病気の進行具合。
もしかしたら毎日せっせと与えてるサプリも
多少なりと効果があったのかなぁ・・・



DPP_2069.jpg



今年の1月1日で16歳になったフク。

ヒトなら80歳くらい?

よぼよぼして来て
ようやく「年相応」になって来たんだな、と。

もう長生きは望みません。
病気で苦しむ前にどうか寿命が来ますように。。






ワンちゃんに触ってますか。。

7歳過ぎたらワンドック、受けて下さいね。。

ただジュートみたいなケースもあるので
若くても1度受けてみるのもいいですよ。

しこりは「あるかも」じゃ、多分見つかりません。
アンダーコートのあるコーギーは撫でるだけじゃ分かりません。
「この辺りにあったハズ」って思って触らないと
まず、見つけられないかと。

リネンは「皮脂腺の詰まり」があって
無意識に「他にないか」と思って触っていたから
不幸中の幸い、初期段階で発見することが出来ました。。


ガンと言うショック
皮膚を切り取る結果になった無念(こんな言葉じゃ言い表せてないですが)
そして再発への恐怖

これらをひとつひとつ乗り越えていかないといけないのかと思うと
気が遠くなりそうですが。。
がんばります。。
今はそれしか言えないです。。





そして今回、
本当にたくさんの方から励ましの言葉や情報を頂きました。

改めてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。。















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --