FC2ブログ

-りねん日和-

コーギー リネンの思い出とカニンヘンダックス ジュートの何やかやや。

いちいち寂しい。  


DPP_4007.jpg



リネンのことを記事にしようと思った時。


あ・・・ そうか。
リネンの新しい写真はないんだな。


それに気づいて毎回寂しいです。



DPP_4008.jpg



これは14歳の夏の頃。

相変わらず自由な寝相です。


まさかこの半年後に逝ってしまうなんて
1ミリも思わなかったなぁ。。











category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

涙のワケ。  


DPP_4018.jpg



5月21日はリネンの百箇日。

日曜にペット霊園で合同法要をして来ました。
【百箇日法要・・・悲しみに一区切りをつけ、日常に戻っていく節目の法要】


リネンはなぜ逝ってしまったのか、理由は分かっていません。


高齢でしたが元気でした。

特に死に直結する病気はありませんでした。

ジュートの診察の際、ずっとお世話になってた先生にも
リネンの様子を話しましたが原因は分からず。


ある日突然 食欲が落ち出した。

ただそれだけ。


旅立つ2日前。

今日は何か口に入れてくれるかなと
アイスを温め口元にスプーンを持っていくと
しっかりした顔つきで、でもフイッと横を向いたリネン。


「リネンは死ぬ気だ」


直感でそう思いました。


リネンが旅立ってしまってから
何か心の中でどんよりしたものがずっとあり。

悲しくて涙が出るのですが
同時に違う感情もあって、でも何かが分からず。


少し前、ある保護犬ブログで
愛犬が介護状態で食が落ちたけど
生きて欲しいからムリにでも食べさせてると言う記事の中の一文に


「もっと生きていたいと思わせてあげられたら幸せ」


・・心のひっかかりはこれだったんだと涙があふれました。


そこまでがんばることを知らなかった私
リネンにもっと生きたいと思ってもらえなかった私



DPP_3983.jpg



ただ考えようによっては
痛みや苦痛もなく旅立てて良かった・・・

最近はそう思うようにしてますが。。


以前、リネンに一度聞いてみたところ

「寿命」

そう伝わって来ました。(そうなのね。)


百箇日は過ぎましたが
まだ遺品整理や気持ちに一区切りはつきそうにないなぁ。。











category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

全部、赤い。  


DPP_4055.jpg



・・あ、朝ドラは見たことありません。


テレビでワンコはヒマだと言ってまして。

なのでゴハンをあげる際
知育玩具などを使うといいとも言ってたので早速使ってます。
(あ、写真はナイです。)


ジュート、最初こそ戸惑ってましたが
今では上手に鼻ドリブルしながらフード食べてます。

これまであっと言う間に食べてたゴハンも
↑写真左のおもちゃを使い、数回に分けて与えれば
晩は30分(!)ほどかかるようになりまして。

でもその食後、晩だけとは言え
30分は遊びに付き合わされると言う
シニアとは思えない元気さ。(汗)



DPP_4056.jpg
< カメラは眠くなるしな。 >



相変わらずカメラを向けると
目を閉じる催眠術にかかるジュート。











category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

コンタクト。  


DPP_4046.jpg
リネンの寝顔は最高に可愛かったなぁ。



リネンが旅立って数日後。


イスに座ってウトウトしていたら
後ろをリネンが通った気配がして。

と言うか、寝ていたけどリネンの背中が見えた。

夫にそのことを言うと
夫も以前、床でウトウトしていたらリビングを何かが横切る気配がして
私かと思ったけど、その時私は洗面所にいて。

あ、リネンだな、って思ったらしい。


初七日の晩。

お風呂に入りながら
リネンは無事三途の川のほとりまで着いたかなぁ、って考えてて
ふと見ると、足元にリネンの毛が落ちていて。

お風呂は朝掃除したばかりで
リネンを最後にシャンプーしたのは12月。

あ、無事到着したんやね、って。


今でも時々、改めて
リネンにもう二度と会えないと思うと絶望的な気持ちになります。

以前、遺骨を見つめに見つめ、
もう骨壺に穴が開くんじゃないかと思うくらいじぃーーっと見続けながら

もう二度と会えないの?

そう強く思ってみていたら



・・・ ― あえるよ ― ・・・



頭の中に言葉のような、想いのような、
よく分からない感覚が伝わってきて。

その後のやりとりは覚えてないですが

次はウチのコでないと言うこと、
でもリネンだと分かると言うこと、

それが伝わって来ました。


遠い遠い将来、リネンに再会出来るのが楽しみです。
(近々だと「リネンだから返してっ!」ってなっちゃうw)

他にもいくつか、こんな感じのことが起こっていて。



・・・・・。




信じるか信じないかは あなた次第です。笑











category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --