Leinenwetter** -りねん日和-

コーギー リネンとカニンヘンダックス ジュートのあんなコトやこんなコト。

不幸は続く・・・  


DPP_1523.jpg




最近ふと

「なんだかリネン、元気がないな~。」


そういや散歩もあまり歩きたがらないような。。




DPP_1501.jpg
(2013.5.12)




だけど食欲はあるし、
うんちの状態もいい。


・・・・・。



これってフクちゃんの時と同じやんっ!(汗)



心配になり、早速病院へ連れて行きました。




【粗相しちゃってごめんなさい。byジュート】
DPP_1502.jpg
(2013.5.12)




リネンの元気のなさについて、
まず思い浮かんだのがヘルニア。

これまで何度か足を
「ピョコ」っとさせたことがあったので、

もしやまた?


そして次に思ったのが心臓病。

この日、フクちゃんの肺高血圧症の薬をもらいに病院に行った際
病院のテレビの「アニマルチャンネル」で
8歳になると心臓病になる率がグンと上がる、と。。




DPP_1503.jpg
(2013.5.13)




まずは触診。

リネンの腰辺りを先生が触ると

「キャン!」

あぁ、やっぱり腰が痛かったのか・・・


そして心臓病の可能性のことも先生に伝えたところ

「心音に異常はないですが、念の為エコー検査しますね。」




DPP_1504.jpg
(2013.5.14)




結果、心臓に異常が見つかりました・・・


「僧帽弁閉鎖不全症」


心臓の“弁”の機能が落ち
心臓内の血液が逆流する病気です。


ただ、まだ心音に出ないくらいの初期段階らしく
これが元気のなさに直接結びついてるとは思えないと先生は言い
この日は腰の痛み止めをもらって帰って来ました・・・




【出ました。うなぎ犬。】
DPP_1505.jpg




でも投薬3日目になっても
リネンが復活する気配はありません。。

さらに検査をしてもらうか
違う病院に行ってみるか・・・迷っています。




【頭にカエル】
DPP_1506.jpg




だけどリネンが心臓を患ってると分かった今、
やはり専門の先生に診てもらいたい。




DPP_1507.jpg
(2013.5.18)




フクちゃんに続き
まさかのリネンにも病気が発覚・・・

あまりの・・・あまりのショックに
まだ動揺がおさまりません。




DPP_1508.jpg
(2013.5.19)




そして色々考えることが多すぎて
自分の許容量を越えました・・・

なのでブログのことはしばらく忘れようと思います。




【ベロ、長すぎ】
DPP_1509.jpg
(2013.5.19)




リネン。。
なんでこんなことになっちゃったのかな。。


もしかしてストレスで。。?

もしかしてジュートを連れて来てしまったから。。?




【おっと、ごめんよ】
DPP_1510.jpg
(2013.5.20)




8歳と、わんこではもうシニアの域だけど
まだまだ元気で走り回れる年齢なのに。。

心臓に負担がかかるといけないから
もう思い切り走らせてあげられないなんて。。




【ばくっ。】
DPP_1511.jpg
(2013.5.23)




うぅぅ。。




【ごめんなさ~い、なんちゃって】
DPP_1512.jpg
(2013.5.24)







【まったりんこ】
DPP_1513.jpg
(2013.5.26)







【キリっと決めたが机の下】
DPP_1515.jpg
(2013.6.3)







【フードがあれば、横は見えない】
DPP_1516.jpg
(2013.6.3)







【笑わなかった犬】
DPP_1517.jpg
(2013.6.4)   ずいぶん表情豊かになりました。







【ジャマする気】
DPP_1522.jpg
(2013.6.8)    パジャマのゴムの入れ替えをジャマするジュート







【大吉だお。お久しブリーフ。】
DPP_1528.jpg
実は母の体調もよろしくありません。
しかも大きな病気発覚を怖がって病院へ行かないので
奇襲攻撃で突然実家へ行き、検査してもらおうと総合病院へ連れていったのですが
かかりつけの町医者に相談せず、勝手な判断で受診したのが気に入らなかったのか

「まずはその先生に相談されてみては?」

明らかに調子の悪そうな母を前に
検査ひとつしてくれず帰されました・・・

このぉ~、このインテリクソやろうめっっ!(女医だったけど)








【ふんわりふわふわ】
DPP_1527.jpg
(2013.6.9)    シャンプーしてもらいました。












< モノ言えぬ、かけがえのない家族と暮らす皆さまへ >


今回フクとリネンの病気発覚で分かったコト。
それはわんこの健康の目安である

「食欲のあるなし」
「うんちの状態」

あまりアテにならないようです。

なのでやはり毎日一緒に暮らす飼い主さんが
小さな変化を見逃さず、早めに病院で診てもらう。

それが病気の早期発見につながります。


「あれ?おかしいかも?」


そう思ったら
年齢や、他の何かのせいにせず
まずは診てもらってあげて下さいね。。

「痛いよ 苦しいよ」

そう言えない家族の命を救うために。。







DPP_1529.jpg
(2013.6.10)
















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村   

また気持ちが落ち着いて、載せたい写真が撮れたら更新しますね。。









category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --