Leinenwetter** -りねん日和-

コーギー リネンとカニンヘンダックス ジュートのあんなコトやこんなコト。

試練は続く・・・  


DPP_2084.jpg



ジュートの皮膚病を治すべくシャンプーしたり
病気平癒の神社へ夫婦でお参りにいったり
そしてガンについてセカンドオピニオンを受けたりと
忙しくしておりました。

何度もしつこいようですが
病気発覚前で既に

「もうこれ以上がんばれない。」

な精神状態だったのに
そこへリネンの「ガン宣告」を突如受け、
情緒の不安定っぷりがハンパないです。

突然涙が出て止まらなかったり
でもリネン達の前では笑顔でいると決めたので
涙をボッロボロ流しながらも
リネンと目が合ったらニッコリ

「大丈夫だからね。」

自分とリネンに言い聞かせてます。



DPP_2081.jpg



近所に腫瘍に詳しい病院を見つけ
リネンを連れて、夫と共にセカンドオピニオンして来ました。

そしてかかりつけの先生、次の先生、
両方に言われたのが

「よく見つけましたね。」

リネンの腫瘍はまだ5ミリほどと小さく
初期のモノらしいです。

かかりつけの先生に至っては
ワンドックの問診票に「この辺りにあります。」と申告したのに
それでもなかなか見つけられなかった、とのコト。



DPP_2082.jpg



そして肝心の治療法について。

2番目の先生は腫瘍科認定医の資格こそ持っていませんが
大学病院や高度医療センターとも提携しているようで
たくさんの症例を経験されてました。

「何を一番に考えるか。」

犬の体への負担だったり飼い主の心の負担、
そして経済的な負担。

色々な方法を教えて頂きました。


・・・が、どの方法を試してもダメな場合は
最終的に手術で切り取るしかなさそうです。

ただその際の「腫瘍周り3㎝」は特にこれと言った根拠はなく
『アメリカの権威ある先生が3㎝切ったらいい結果が出た』
でマニュアル化したらしく。。(よくある話やなぁ。)



DPP_2083.jpg



「まだ何とでもなりますよ!」

リネンはまだまだ初期段階なので
選択の余地がたくさんあるみたいです。

が、あれこれ試しての結果、
やっぱり手術するしかなかった、と言うのもなぁ。。

ただこの先生がすごく明るい方で
軽い感じで話して下さったこともあり
「あれ?あんまり深刻にならなくてもダイジョブ?」

その時はちょっとだけ悲壮感が和らぎました。


日曜はかかりつけの先生にもう1度話しを聞くため
夫と一緒に病院へ。

ここでの治療法はほぼ「切り取る」の話しかありませんでした。
そして夫がどちらにしても切り取るのなら
かかりつけの先生でもいいのではないか、と。。

「手術したい日の1週間前には電話でもいいので連絡下さい」

そう言われ、
この病気は先延ばししても何ひとついいことないので
意を決して震える手で電話すると

「先生は来週、木曜日までお休みなんです・・・」



DPP_2085.jpg



・・・・・。


マジか・・・

日曜になんで言ってくれなかったんだろう・・・


正直なところ、
特にかかりつけの先生に是非!と言う気持ちでもないため
この「待ち時間」は私的に結構キツイ。。

でも2番目の先生の「まだまだ大丈夫!」の言葉を信じて耐えるしかない。。

ちなみに今回は
自分の、今の判断力に全く自信が持てないため
リネンの手術に関しての決定権は夫に託してます。



DPP_2068.jpg



そしてもうひとワンコ、
ガンと言えば工場のフクちゃん。

今年に入り、またいつの間にか元気がなくなっていたので
1月の中頃、慌てて病院へ連れて行きました。

血液とエコー検査の結果、
特にどこが悪くなってると言う様子はなく、
口の中のガンも骨は溶けてるけど
大きく悪化はしてないそうで。

今回は「加齢」の可能性が高いっぽいです。

病気の進行具合。
もしかしたら毎日せっせと与えてるサプリも
多少なりと効果があったのかなぁ・・・



DPP_2069.jpg



今年の1月1日で16歳になったフク。

ヒトなら80歳くらい?

よぼよぼして来て
ようやく「年相応」になって来たんだな、と。

もう長生きは望みません。
病気で苦しむ前にどうか寿命が来ますように。。






ワンちゃんに触ってますか。。

7歳過ぎたらワンドック、受けて下さいね。。

ただジュートみたいなケースもあるので
若くても1度受けてみるのもいいですよ。

しこりは「あるかも」じゃ、多分見つかりません。
アンダーコートのあるコーギーは撫でるだけじゃ分かりません。
「この辺りにあったハズ」って思って触らないと
まず、見つけられないかと。

リネンは「皮脂腺の詰まり」があって
無意識に「他にないか」と思って触っていたから
不幸中の幸い、初期段階で発見することが出来ました。。


ガンと言うショック
皮膚を切り取る結果になった無念(こんな言葉じゃ言い表せてないですが)
そして再発への恐怖

これらをひとつひとつ乗り越えていかないといけないのかと思うと
気が遠くなりそうですが。。
がんばります。。
今はそれしか言えないです。。





そして今回、
本当にたくさんの方から励ましの言葉や情報を頂きました。

改めてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。。















category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --