Leinenwetter** -りねん日和-

コーギー リネンとカニンヘンダックス ジュートのあんなコトやこんなコト。

はじめまして。  


DPP_2322.jpg



姉んちの末娘を連れ
妹んちの新しい家族を見に行って来ました。

「アロハ」 

(アメリカンコッカーとトイプーのMIX = コッカプーの男のコ)

アロハなんて名前ですが
特に誰かがサーフィンやってるとかではなく
さらには誰もハワイにすら行ったことがないらしい。



DPP_2323.jpg



なんやかんやあってやって来たアロハ。


が、フタを開けてみると

妹は思った以上に可愛い子犬にメロメロ。

私はそもそもが犬好きなのでメロメロ。

姪っ子はフツーにメロメロ。


全員アロハにノックアウトw



DPP_2326.jpg



もうこんな姿、可愛くないワケないじゃないかっ。



DPP_2324.jpg



以前、大吉を実家に連れて行った際に渡した
「仔犬と仲良くなる本」のしつけ編とお手入れ編が
既に妹んちに渡っていて、小学5年の長男が一生懸命読んでるそうな。

ただ妹家族は誰も犬と暮らしたことがないので
小さくてふにゃふにゃのアロハにビビリまくり。

トイレトレーニングはこーするねんで。

お手入れはこーしてね。

具体的に教えてあげたら不安が少し解消したようです。



DPP_2328.jpg



『あと、犬の社会化期間は5ヶ月までらしいから
 ビビらず抱っこしてバンバン外へ連れて行くように!』

『ワクチンも打ったのなら大吉にも会わせに行きや!』

(“実家に迷惑かけません”と一筆書かせると言ってたのはダレ?)


とりあえず次は“失敗作”の
わが家の可愛いぎゃん吠え王子、ジュートちゃんと一緒に行く予定。










妹に教えてもらい驚いたのが
アロハが生まれたいきさつ。

妹のダンナの友達の知り合い宅から譲り受けたのですが
なんと自分のワンコの妊娠に気がついておらず
ある朝起きてったら4匹生まれていて、
さらには1匹は既に死んでいたらしく。。

いやいや。。

オスメス飼ってて手術してなかったら
そんなコトが起こり得るって分からんモンか。。(イラー。)

あくまで個人的な思いとして
年間何万頭と殺処分されてる現実があって、
家庭犬に仔犬を生まそうと思うコトすらどうかと思うのに
朝起きたら生まれてたて!

そんな残念な飼い主さんの元へ
妹のダンナがアロハを迎えに行くと

「朝、母乳あげたから。」

その一言だけ、玄関先でポイと渡されたそうな。(えー!)

なのでしばらくは生まれた日も分からなかったらしく。(えぇー!)



DPP_2327.jpg



幸い今回生まれた3匹は全てもらい手が見つかったそう。

アロハはもちろんのコト、みんな幸せになるといいなぁ。

そして残念な飼い主のワンコ達はどっちか早く手術してもらえるといいなぁ。










category: 日記

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --